×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

S2workerS' web

ポケモン世界の歴史


このページについてひーにゃんさんよりメールフォームを通じて指摘を受けました。引用しても良いとのことなので、ご好意に甘えることにして以下に引用します。

図鑑などで神話は「○○地方では」「〜と言われている」という語り方をされ、
RSのサウンドトラックのブックレットにて、制作者は「舞台の星は地殻変動で形成された」と断言し、
HGSSにて、オーキド博士は「ポケモンに天変地異を起こす力が本当にあるのかは不明」と発言し、
PTにて、シロナは「シンオウ神話は人々がポケモンへの畏敬をもって語ったのだろう」という趣旨の発言をしています。

Ptのシロナの発言については知ってたのだけれど、RSサントラは全く知らなかった(僕はRSの頃はポケモンをやってなかった)しHGSSのオーキド博士の発言は忘れていた。
というわけで、以下の歴史、年表は必ずしも史実ではないです。神話を元に語るとだいたいこうなるよって言うガイドラインに過ぎません。
……大して考えずにBulbapedia(英語版ポケモンwiki)を和訳して載せただけなんですよね、このページ。Bulbapediaもこういう考察関係では信用出来ないということがよく分かったのでこれから文章載せるときは自分の力で本気で考えます……。

ひーにゃんさん、ありがとうございます!

ただし、神話が事実か否かについてはポケモンの神話集>ギンガ団レポート>神話のポケモンも参照。


ポケモン世界を含むすべての宇宙は、シンオウの伝説では一匹のポケモン、アルセウスによって創られたといわれている。何もない空間に、一つのタマゴが現れ、それが孵って、最初のポケモンアルセウスとなった。アルセウスはディアルガ、パルキア、そしておそらくギラティナを創り、ディアルガとパルキアに時間と空間を司る力を与えた。ギラティナはその振る舞いによって破れた世界へと姿を消した。その次に、あるいはそれより早く、世界の初期形態においてアルセウスはユクシー、アグノム、エムリットを現在すべての人間とポケモンに存在する知識、意思、感情を創るために創った。彼らはありし日のリッシ湖、エイチ湖、シンジ湖の底にもぐった。この頃、すべての存在する、あるいは将来存在するであろうポケモンのDNAを持ったミュウが出現した。
それから長い間経って、グラードンが地球の奥底のマグマから生まれ、カイオーガが深海の海溝の水圧から生まれた。そしてレックウザがオゾン層の鉱物から生まれた。レックウザはオゾン層を飛びまわり、時折空の柱を訪れて休んだ。グラードンとカイオーガは特別な洞窟に戻り休んだ。紅色と藍色の珠が彼らの眠りを守るために作られ、送り火山に安置された。この時代、ミュウは豊富に存在し、数多くが生息していたのかもしれない。テンガン山のような広大な土地ができ、レジギガスは大陸を動かし、それぞれの地方を形作った。シンオウ地方はテンガン山の周囲に創られた。激しい変動の中でハードマウンテンができ、ヒードランが溶岩から生まれた。アルセウスは長い眠りにつく前に金剛珠、白珠と白金珠を創出した。
何年も経って、先史時代が始まり、最初の先史ポケモンが現れた。化石や他の考古学的遺物がDNAを含んでいる事が分かり、科学者達は先史ポケモンが地球を闊歩していたことを証明している。おそらくミュウの個体数はこの頃減少を始め、他のポケモンに分化していったと思われる。進化がおき、人間はポケモンから分岐し、最初の人間が現れた。
石、氷、鉄の時代に、伝説のゴーレムが作られ、キッサキ神殿のレジギガスを封印する鍵として使われた。レジロック、レジアイス、レジスチルはホウエン地方に隠された。
1500年前、知られている中で最初の筆記システムが、アルフの遺跡、アスカナ遺跡、ズイの遺跡で使われた。考古学者は今の所、アンノーンが先か文字が先か、確証を持っていない。しかし、文字とアンノーンの間に何らかの関連があると推定されている。この時点で、コイキングの生息数が変化しており、どんどん弱くなっていた。
より最近の歴史では、700年ほど前、スズの塔とカネの塔が建立された。これら二つの九重の塔は、エンジュシティの端に対となって建てられていた。この二つの塔は、ポケモンと人間の友好を望み、願うために建てられた。それらの塔の頂上からの眺めは「荘厳」とたたえられた。西がポケモンを目覚めさせるというカネの塔で、東はポケモンを休ませるというスズの塔だった。その時は、スズの塔で休息する燦然たる虹色のホウオウに対応するように、巨大な銀のポケモンがカネの塔の頂上で羽根を休めたという。しかしながら、現在から150年ほど前、雷がカネの塔を襲った。塔は炎に飲まれ、三日間燃え続けた。ルギアとホウオウは無傷で空へと逃げた。突然の土砂降りが炎を消した。この辺りの時代で、最初のポケモンリーグが開催された。1990年には、科学技術で生まれた最初のポケモンであるポリゴンが作り出された。

http://bulbapedia.bulbagarden.net/wiki/Pok%C3%A9mon_worldより
翻訳:S2workerS

わかったようなわからなかったような……?
年表風に仕立ててみようか。

ポケモン世界の(神話的)歴史
歴史区分ポケモン人間関連する神話
宇宙開闢以前混沌から現れたタマゴから、アルセウスが産まれるはじまりのはなし
創成期アルセウスがディアルガ・パルキア・ギラティナを作り、時間・空間・反物質が形作られる。宇宙開闢。同時に、宇宙の欠片をプレートにする。この前後で「巨人達」を倒し、プレートにその力を与えた。はじまりのはなしプレートからよみとくシンオウのはじまり
ギラティナがやぶれたせかいに追放されるギラティナイベント
ユクシー・エムリット・アグノムが産み出され、心が生まれるはじまりのはなしプレートからよみとくシンオウのはじまり
世界の黎明期全てのポケモンの祖と言われるミュウが生まれる。生物の誕生ミュウの図鑑説明文など
グラードン・カイオーガが生まれ、大地と海を拡張した。2匹の争いをレックウザが調停し、2匹は眠りにつくカイオーガ・グラードン・レックウザの図鑑説明文など
レジギガスが大陸を動かし始めるレジギガスの図鑑説明文など
人類のあけぼのこのあたりでポケモンは急速に分化し始める。化石ポケモンが生きていたのはこのころ。ポケモンが多種に分かれるとともにミュウの個体数は減少し始める。人類がポケモンから分化アルフのいせき(化石ポケモンの壁画があるため、人間と化石ポケモンは同時代を生きていると分かる)
歴史の開始と古代文明の繁栄レジギガスが封印され、大陸が現在の位置に固定される。コバルオン・テラキオン・ビリジオンが人の戦からポケモンを守り、姿を消すレジスチル・レジアイス・レジロックを作り出し、レジギガスを封印。このころ、人間とポケモンは別々に暮らしていた。また、おそらくゴビット・ゴルーグが作られたのもこの時期。コバルオンイベント
古代文明の衰退と新文明の勃興ポケモンたちは人とともに暮らすようになる。コイキングは弱体化を始める文字の発明(アンノーンが先か文字が先か?)現代から1500年前
中世ポケモンと人の友好を願い、スズの塔とカネの塔が建立される
近世ホウオウが火災で命を落としたポケモンを生き返らせ、エンテイ・ライコウ・スイクンが生まれる落雷によりカネの塔が焼失。150年ほど前
第1回ポケモンリーグ開催
現代最初の人工ポケモンであるポリゴンを生み出す

このページを共有

このページを共有
BlogThis! mixiチェック