×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

S2workerS' web

ポケモン わりとどうでもいいイベント全文集

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズで起きるイベントの全文を掲載。細かいところは間違ってるかもしれないので注意。
こっちではポケモンイベント全文集と違って「わりとどうでもいい」とか、「ミカンかわいいよミカン」とか言われそうなイベントを掲載しております。

目次


ドキドキ☆ミカンとポケモン交換♥イベントinアサギジム

お久しぶり ですね
もちろん 元気……ですよ?
あの……
うまく言えませんが……
なんでも ないと 思います
もう一度話しかける
あっ あのー!
あたしと ポケモンの
交換を しませんかっ?
はいを選択
いいんですか?
ありがとう ございます!
どんな ポケモンでも いいので
お願いします!
交換。ハガネールの「ネール」が送られてくる
ありがとう ございました
絶対 大切に 育てますね

ミカンとエリカの会話inタマムシシティ

エリカ『ねえ ねえ ミカンさん
あなた コガネジムの アカネさんに
「ジミすぎる! もっと ハデに!」
って言われたんですって?
ミカン『ええ……
だから シンオウ地方へ 行って
コンテストにでも 出れば
少しは 華やかに
なれるかと 思うんですけど……
エリカ『どうでしたの?
ミカン『なかなか コンテストに
出る 勇気が なくてー
エリカ『あら そう……
あっ だったら いっそのこと
物凄く ハデな服を 着てみる
って言うのは どう!?
ミカン『あー なるほど!
そうやって コンテストに出る
勇気を 身に付けるんですね!
エリカ『体に ピッタリした
水色の ボディスーツを 着て
さらに マントでも 羽織ってみる
と言うのは どうかしら?
ミカン『えー やっだー!
いくらなんでも そんな 格好は
恥ずかしいですよー!
エリカ『なるほど なるほど……
フスベの イブキさんは 恥ずかしい
と…… メモメモ……
ミカン『あっ……!
……エリカさん ひどいですぅ

ミカンがシンオウ地方に来た理由。それにしてもミカン可愛いなあ


ナゾの神殿(ポケモンレンジャー 光の軌跡)

最近 新しい 神殿が
見つかったのよ。
いつの時代に 何のために
造られたのか 分からないので
わたしたち ナゾの神殿って
呼んでいるの。
それでね ***……
 
その ナゾの神殿の なかから
ある 鳴き声が 聞こえるのよ。
これまで 聞いたこともない
悲しそうな 声……。
謎の鳴き声(デオキシス)
今の声が そうよ!
聞こえたでしょ!?
何が そんなに
悲しいのか……
もし よかったら
中を 調べてみてほしいの。
でもね ナゾの神殿は
 
ひとりでは 進めないように
なっているみたい。
だれか 他のレンジャーの
協力が 必要ね。

女の子主人公観覧車イベント(夏)

※2回目以降(1回目はメモしてなかった……)
観覧車に乗りたいのか?
い、いいだろう……
私も 今日が 恐怖を 克服する
その時と 考えていた ところだ
私と 勝負し あなたが 勝てたならば
一緒に 観覧車に 乗ってあげよう
さあ どうする?
はいを選択
※戦闘前、戦闘後会話をまだメモしてない。
オオウ 想像以上に 高い
オオウ 想像以上に 揺れる
オイ 動くなよお 落ちるでしょ!
おねがいだから 動かないでー!!
あ…… もうだめ 限界です……
……手 ……手 つないで いい?
…… …… ……
…… …… ……
あなたが 若干 微笑んでいるように
見えるのは 私の 気のせいか?
……まあ いいだろう
私は そう遠くないうち
恐怖を 克服する だろう
なぜなら エリートだからな!
今日は これで失礼するが
よーくよーく 考えた 上で
どーしても 仕方なく やむなく
観覧車に 乗りたいときは
また 私に 声をかけてくれ

女の子主人公観覧車イベント(秋)

なんか 涼しく なってきたな……
もうすぐ 寒くなるのかな……
え? あなた もしかして
これに 乗りたいんですか?
でも ここの 観覧車って
2人乗り 専用ですよ……
…… ……そうねえ
ワタシと 勝負しません?
もし あなたが 勝てば ワタシが
一緒に 乗りますけど?
はいを選択
なんか アッサリ してますね……
それとも 自信 あるのかな?
まあ いいですけど
勝負すれば わかるし
さっそく始めましょ!
ウエートレスの アキラが 勝負を しかけてきた!
クルマユLv.25
アタタ…… かっこわるいなあ
全然 かなわなかった……
ワタシ ポケモン勝負は
少しだけ 自信 あったのに……
すごいですね あなた……
……じゃあ 約束 どおり
観覧車 乗りましょうか
…… …… …… …… …… ……
せっかくだし おしゃべり しません?
…… なんですよ …… …… やだー!
そしたら…… …… そうそう…… ……
…… 好きだよって…… ウソばっか
…… ……が いたんですよー……
はあー! 楽しかったです!!
それに あなたと 話してたら
ふだん モヤモヤしてる ことが
スッキリしちゃったー!
やっぱ 女の子 同士でしか
話せないことって ありますよね!
ワタシ しばらく この辺りに
いると 思います!
ひまなとき あったら
また 声 かけて くださいね!

きんのたま兄弟

やあやあ わたしは
きんのたま おじさん 兄!
そして わたしは
きんのたま おじさん 弟!
やってきたね よくきたね!
きみに これを あげちゃうよ!
キッシュは
きんのたまを 手に入れた!
キッシュは きんのたまを
道具ポケットにしまった
わたしも これを あげちゃうよ!
キッシュは
きんのたまを 手に入れた!
キッシュは きんのたまを
道具ポケットにしまった
それは おじさんの きんのたま!
有効に 活用してくれ!
なんたって 弟より すごい
おじさんの きんのたま だからね!
それは おじさんの きんのたま!
有効に 活用してくれ!
なんたって 兄より 立派な
おじさんの きんのたま だからね!

このページを共有

このページを共有
BlogThis! mixiチェック